体の一部が腫れる - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

体の一部が腫れる

症状の傾向
体の一部が腫れる場合、病気から感染症まで様々な原因があります。しこり(腫瘍)ができる場合には、扁平上皮がんや乳腺腫瘍、好酸球性肉芽腫などが考えられます。感染症によって皮膚に潰瘍ができる場合もあります。症状によって、ストレスや感染症、他の疾患の影響など原因も様々です。早期に発見して治療を行うことが必要です。
発見方法・対策
体の腫れを感じたらまず触ってみて、しこりになっているかどうか、痛がるかどうか、熱を持っているか、どの部分にできているかなどを確認しましょう。他に食欲や排便、行動などに異変がないかの確認も必要です。異変があればすぐに動物病院を受診してください。症状や原因に合わせて投薬などの治療が行われます。この症状はがんや内臓疾患などの危険性があり、早期の治療が大切です。しかし腫瘍の部分や内臓型の腫れの場合は気づきにくいため、日頃から体に触れる習慣をつけておくことが早期発見に繋がります。また他の猫との接触を避けたり、ワクチン接種やストレスを感じにくい環境整備も予防策になります。
※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術