虫歯 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

虫歯

症状
口の中で細菌が繁殖して、歯の表面に付着した歯垢の中で細菌が特殊な酸を生産します。その酸によって歯が溶けてしまった状態です。細菌の作り出す酸は、通常であれば唾液によって中和されるのですが、歯垢の中にあることで中和されず、歯を溶かし内部へと入り込んでいきます。歯に穴が空く、歯の変色、口臭などの症状が表れます。特に奥歯や噛み合わせのあたりに多いとされています。猫は炭水化物や甘いものをあまり食べず、咀嚼もしないことから口腔内で原因となる細菌がほとんど繁殖しません。そのため猫の虫歯は極めてまれです。
原因
口腔内の衛生状態と食餌が原因と考えられます。日頃歯磨きを怠ると、歯に歯垢がたまり細菌が繁殖したり、細菌の酸が中和されにくい環境となり虫歯に繋がります。また歯に付着しやすかったり挟まりやすいようなやわらかい食餌ばかりを与えると、衛生状態の悪化に繋がります。特に人間が食べている砂糖の入ったような食べ物を猫に与えると、虫歯の原因になります。
治療方法・対策
軽度であれば虫歯になった箇所を削り取り、詰め物を入れて修復します。虫歯が進行して重度になると、抜歯を行ったり内部の歯髄の摘出を行ったりする場合もあります。詰め物などの虫歯の治療は極めて専門的であり、猫で維持するにはかなり難しい面もあるので、治療に関しては獣医師と相談しましょう。日頃から歯磨きを行い、口腔内を清潔に保つことが予防策になります。歯磨きは猫用の歯ブラシや綿棒、歯磨き剤を使って行います。猫が歯磨きを嫌がる場合には、動物病院で相談したり、市販のデンタルケア用フードを活用してみましょう。

他の歯・口腔の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術