食物アレルギー - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

食物アレルギー

症状
食べ物に含まれる成分によってアレルギー反応を起こしている状態です。下痢や嘔吐、発熱や皮膚の炎症や痒みなどの症状が表れます。皮膚に表れる症状では、特に耳や目の周り、首のあたりが多いとされています。皮膚に赤い発疹ができたり、痒がって掻きむしる動作などが見られます。原因となる食べ物を与えないようにすると、症状が軽化するのが特徴です。季節に関係なく起こるため、年中痒がっている様子があれば注意が必要です。
原因
食べ物に含まれる特定の成分によって、アレルギー反応を起こすことが原因です。猫の食物アレルギーは、どの成分に反応するかは個体によって様々ですが、主にタンパク質が引き金となります。
治療方法・対策
アレルギー反応を起こす食べ物を与えないように、食餌を改善していきます。アレルギー成分の特定は、アレルギー反応を起こした猫の血液から検査する方法などもありますが、特定が困難なのが現状です。市販の制限食や低アレルゲン食を与えて様子を見たり、食餌内容を少しずつ変えて様子を見たりする方法で、アレルギー成分を特定できたり症状が改善できたりする場合があります。痒みを軽減する効果のある必須脂肪酸を多く含み、アレルゲンと認識されにくい消化性の高い食餌を与えることで改善できる可能性があります。

他の皮膚の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術