ヘルペスウイルス性皮膚炎 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

ヘルペスウイルス性皮膚炎

症状
猫ヘルペスウイルスによって引き起こされる感染症で、その症状から猫風邪とも言われます。ウイルスは感染後に鼻腔粘膜で増殖し、結膜や咽頭、気管や気管支に広がります。粘膜では糜爛や潰瘍が表れ、結膜炎や鼻炎を引き起こし、鼻には皮膚炎が見られる場合があります。主にくしゃみや鼻水、咳や目やに、発熱や結膜の充血、口腔や皮膚の潰瘍などの症状が表れます。二次感染として細菌性肺炎を引き起こす場合があります。特に子猫では重症化して死に至る危険性もあります。
原因
感染した猫のくしゃみや鼻水、よだれや排泄物などによる接触感染と空気感染が原因です。多頭飼育の場合のグルーミングや食器の共有、くしゃみによる飛沫感染が見られます。空気の乾燥する冬場は特に感染しやすく、人が感染した猫に接触し、その後感染していない他の猫に接触した場合にうつることもあります。また症状が現れていない場合でも、ウイルスが神経節に感染し、潜伏してウイルスを保持している場合もあります。
治療方法・対策
ウイルス自体に対する効果的な治療方法は確立されていないため、発症した場合は対症療法を行います。インターフェロンを用いてウイルスを弱めて免疫力を高めるための治療が行われる場合もあります。猫ヘルペスウイルスは、ワクチンによって防ぐことができます。まれにワクチンを接種した場合にも感染するケースもありますが、抗体を作っておくことで重症化を防ぐことができます。飼い主さんからの感染を防ぐための衛生管理や、多頭飼育で感染した猫が使用した食器やトイレを塩素系漂白剤で消毒するなども予防策になります。

他の皮膚の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術