円形脱毛症 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

円形脱毛症

症状
皮膚糸状菌症、アレルギー性皮膚炎、心因性の3つが主な原因と考えられ、それぞれ症状が異なります。皮膚糸状菌症は真菌(カビ)の一種が感染・発症している状態で、円形の脱毛とフケやかさぶたなどの症状が主に顔周りや肢体で見られます。アレルギー性皮膚炎はノミアレルギーと食物アレルギーの2つに分類され、脱毛の他に発疹やかさぶた、掻きむしる動作が見られます。心因性は何らかのストレスを感じ、過剰に毛づくろいをすることや血行不良を起こすことで脱毛します。過剰な毛づくろいでは舐めやすい肢や腰、下腹部などで症状が見られたり、ザラザラした舌で毛を削り取るようにしているため短い切れ毛が残るのが特徴です。血行不良では根こそぎ抜けるため、きれいな皮膚が露出するのが特徴です。
原因
皮膚糸状菌症、アレルギー性皮膚炎、心因性の3つが主な原因と考えられます。皮膚糸状菌症は真菌(カビ)の一種に感染動物との接触が主な原因です。多頭飼育の場合、ブラシの共有やマットなどを通じて感染したり、免疫力が低下している場合には感染しやすくなります。アレルギー性皮膚炎は、ノミアレルギーではノミに刺咬される際に注入される唾液によってアレルギー反応を起こします。食物アレルギーでは食物に含まれる特定の成分によってアレルギー反応を起こします。心因性の場合の原因は様々ですが、例えば環境の変化や多頭飼育、飼い主さんが十分に接してあげれないなどがストレスとなり、過剰なグルーミングから脱毛を起こしている可能性があります。
治療方法・対策
原因によって治療法は様々です。皮膚糸状菌症では、患部への抗真菌薬の入った軟膏やローションの塗布やシャンプーでの洗浄、投薬などが行われます。合わせて感染動物から出される胞子を排除するための清掃が必要です。アレルギー性皮膚炎では、ノミアレルギーの場合はノミの駆除剤を投与します。皮膚炎の治療には、抗アレルギー剤や合成副腎皮質ホルモン剤などの投与が行われます。また飼育環境におけるノミの駆除も必要になります。心因性では、日頃の猫の行動をよく観察して、ストレスとなっている原因を特定して改善を行う必要があります。

他の皮膚の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術