食道内異物 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

食道内異物

症状
異物を飲み込み、食道内に停滞している状態です。猫は好奇心旺盛なため、様々なものに興味を持ち遊んでいるうちに異物を飲み込んでしまうことがあります。例えばビニールや毛糸、ボタンや石などがあり、食道内異物では釣り針や骨がよく見られます。食欲不振、嘔吐や吐出、よだれや体を触られるのを嫌がるなどの症状が現れ、誤嚥性の肺炎を引き起こすこともあります。食道壁を損傷している可能性もあります。異物は大きいほど症状が激しいとされており、紐状の異物を飲み込んだ場合、食道から胃、小腸まで異変を引き起こす場合もあります。
原因
消化できない異物を飲み込むことが原因です。猫は普段から食餌を丸呑みするため、近くにあるものに興味を持って遊んでいるうちに飲み込んでしまうことがあります。特に好奇心旺盛な子猫によく見られます。飲み込むものは様々ですが、一般的にはカシャカシャ音のなるビニール類や毛糸などの紐類、口に含みやすいボタンや石などを好む傾向にあります。
治療方法・対策
レントゲンや内視鏡で異物を確認します。食道内では釣り針や骨が食道壁に刺さってしまっているケースが多く、異物によっては潤滑剤などの投与で詰りがとれる場合や、内視鏡で見ながら鉗子で摘出する場合もあります。食道は他の臓器と比べて縫合してもくっつきにくく、合併症が多いとされているため、外科手術は一般的ではなく、多くの場合内視鏡下での摘出が行われます。猫の口にしそうな異物を遠ざけたり、食餌に骨が入らないようにしたりすることが予防策です。日頃から生理整頓をして安全な飼育環境を整えましょう。

他の消化器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術