慢性気管支疾患 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

慢性気管支疾患

症状
気管に炎症が起こり、咳などの症状が慢性化している状態です。気管に炎症が起こることで腫れあがり、気管の内径が狭くなって呼吸がしづらくなります。首を伸ばして軽い咳を繰り返し、痰が絡まったようにヒューヒューと音の鳴る呼吸をしたりします。進行すると咳は激しくなり嘔吐をしたり、呼吸は苦しくチアノーゼが見られる場合もあります。喘息の発作のような症状を引き起こすこともあり、呼吸不全に陥る可能性があります。
原因
アレルギーや感染症、寄生虫や異物などが原因と考えられますが、原因が特定できず不明なものも多くあります。アレルギーの場合は、ホコリやカビ、花粉などがアレルゲンとなって気管支を刺激することが原因と考えられます。感染症の場合は猫ウイルス性鼻気管炎やクラミジア感染症など、寄生中の場合は毛細線虫やフィラリアなどが考えられます。異物は薬品を吸引することや異物を飲み込むことで気管に傷がつき、炎症を起こすと考えられます。また煙草の煙や粉塵など様々な原因で気管が刺激されていると推察されています。
治療方法・対策
炎症を抑えるためにステロイド剤や抗アレルギー薬などが投与されたり、気管支を拡張するための気管支拡張薬が投与されたりします。感染症や寄生虫の影響が考えられる場合は、抗生物質や駆除剤が投与されあす。また状態に応じて酸素の吸入が行われる場合もあります。慢性気管支疾患には原因が不明の症例も多く、何らかの有害物質が原因と推察されているため、喫煙をやめたり飼育環境を清潔に保つことが予防策になります。

他の呼吸器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術