感染性筋炎 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

感染性筋炎

症状
原虫やウイルス、細菌や真菌の感染によって生じる筋炎で、多発性筋炎の一種です。初期段階では、筋肉の張りや痛みがあり、慢性化すると萎縮するようになります。歩き方にも異変があり、肢は強張って竹馬で歩いているような特徴的な歩き方になります。進行すると段々と歩行ができなくなり、食道や咽頭の筋肉にも影響して、巨大食道症を引き起こす場合もあります。その結果、食べた直後に吐き出す吐出や嚥下困難、よだれを流すなどの症状が表れます。また発熱が見られたり、眼球筋や心筋に影響が表れる場合もあります。
原因
原虫の感染によって起こる、トキソプラズマ症が主な原因です。原虫は感染動物の便や捕食によって感染します。また猫免疫不全ウイルスやレプトスピラ細菌やカビなどが原因になる場合もあります。
治療方法・対策
血清検査や抗体値の測定、筋組織生検によって診断されます。原因を特定して、それに合わせた抗生物質を投与します。感染動物との接触を防ぐために室内飼育にしてワクチンを接種し、清潔な飼育環境を保つことが予防策です。

他の筋肉の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術