止血凝固異常 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

止血凝固異常

症状
外傷などで外部に血が流れた時、止血凝固機構の働きによってすぐ血の流出が止められるようになっています。この止血凝固機構に異常が生じると、出血が止まりにくい出血傾向や血管の中で血液が固まってしまう血栓症になります。止血凝固異常には血小板減少症、血小板増加症、血友病、フォンビルブランド病、播種性血管内凝固症候群などの疾病があります。それぞれの症状によって、皮膚や粘膜などの体表の紫斑や点状出血、消化管からの持続的な出血、鼻出血、皮下や関節内出血、血栓の形成などの症状が現れます。血友病での頭蓋骨内で出血した場合や、播種性血管内凝固症候群で全身性血栓によって多臓器不全に陥った場合、死に至る危険性があります。
原因
止血凝固機構に異常が生じて出血が止まりにくかったり血栓ができてしまったりすることが原因です。止血凝固機構には、血小板、血液凝固因子、フォンビルブランド因子などが関与しています。それぞれの疾患によってその原因は異なります。血小板減少症では、炎症や腫瘍、感染症や免疫介在性、再生不良性貧血などの基礎疾患の影響が原因と考えられます。血小板増加症は基礎疾患の影響が原因です。血友病とフォンビルブランド病、播種性血管内凝固症候群は遺伝性の疾患です。
治療方法・対策
それぞれの疾患によって、治療方法が異なります。血小板減少症は免疫介在性が原因となる場合が多く、副腎皮質ホルモン剤を中心とした免疫抑制療法が一般的です。血小板増加症は、基礎疾患の治療を行います。血友病は出血を伴うため新鮮凍結血漿の輸血が必要です。フォンビルブランド病でも血友病と同様に、新鮮凍結血漿の輸血が必要です。播種性血管内凝固症候群では血栓化を抑制するヘパリンなどの投与による抗血栓療法と凝固因子などの輸血をする補充療法が行われます。

他の血液の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術