白血病 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

白血病

症状
血液を構成する赤血球と白血球、血小板の細胞成分を作る造血幹細胞が骨髄で腫瘍化している状態です。白血病は骨髄性白血病とリンパ性白血病に分かれ、さらに急性と慢性に分かれます。急性と慢性の違いは、増殖する細胞が未分化なものが急性、分化しているものが慢性になります。貧血や食欲不振、元気消失や発熱、紫斑や歯茎からの出血、粘膜の蒼白、リンパ節の腫大化、疲れやすいなどの症状が現れます。急性の白血病の場合、きわめて短期間で死に至る危険性があるため、早期の発見と治療が必要です。
原因
原因は白血病のタイプによって異なります。急性骨髄性白血病の場合、骨髄中にある赤芽球、骨髄球、単球、巨核球の4つの造血細胞のうちの1つ以上が分化せず腫瘍化することで発症します。慢性骨髄性白血病は、好中球や単球などの分化した細胞が増加することで発症します。急性リンパ性白血球は、未分化のリンパ球やリンパ芽球が増加することで発症します。慢性リンパ性白血球は、分化したリンパ球やリンパ芽球が増殖することで発症します。急性の場合、猫白血病ウイルス感染症との関連が推察されています。
治療方法・対策
急性骨髄性白血病の場合、数種類の抗がん剤を組み合わせて投与され、必要に合わせて輸血を行います。しかし3ヶ月程度の延命に止まっているのが現状です。慢性骨髄性白血病の場合、数種類の抗がん剤を組み合わせて投与しますがあまり反応はなく徐々に進行していきます。急性に転化する場合もあるので注意が必要です。急性リンパ性白血球の場合、多種類の抗がん剤の投与と、状況に応じて輸血や抗生物質の投与を行います。白血病の中で最も発症率が高く、急性骨髄性白血病よりも抗がん剤の効果が見られています。慢性リンパ性白血球では、特定の抗がん剤が投与されます。猫ではあまり発症は見られません。原因の一つと推察される、猫白血病ウイルスへの感染を防ぐためのワクチンの接種が予防策です。

他の循環器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術