虚血性神経筋症 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

虚血性神経筋症

症状
血液が何らかの原因で塊を形成して血栓となり、動脈に詰まることで大動脈血栓塞栓症が起こります。塞栓状態になると、その動脈から供給を受けていた筋肉に虚血性の障害や横紋筋細胞崩壊が起こり、抹消の神経障害を引き起こします。それによって後肢への血流が悪化して、大腿動脈拍動の欠如や肉球の赤みが失われます。筋肉へ十分な血液が供給されないことで痛みが生じ、肢は徐々に冷たくなって動かなくなり、壊死する場合もあります。また神経障害として麻痺するため、筋肉が弛緩して反応が見られない状態に陥ります。
原因
血栓が形成されて詰まることで、筋肉に虚血性の障害や横紋筋細胞崩壊が起こり、抹消の神経障害が引き起こされることが原因です。心疾患が影響していると考えられます。特に猫では心筋症の影響で、左心房で形成された血栓が外腸骨動脈分岐部に詰まるケースが多いとされています。また大動脈弁や僧房弁に起こる感染性心内膜炎でも血栓が全身に流入するため、原因になると考えられます。年齢や猫種などによる発症率の偏りはありません。
治療方法・対策
X線検査や超音波検査、血液検査や血管造影検査などで診断されます。血流を改善する必要があるため、血栓溶解剤を投与したり、外科手術で血栓を摘出したりします。しかし虚血状態にあった組織や臓器に血液を供給すると、壊死した周辺細胞から有害物質が発生して細胞を傷つける再灌流障害を起こす場合があります。基礎疾患への治療も合わせて行います。虚血状態が続くと様々な障害が発生するため、早期に発見・対応する必要があります。獣医師と相談して基礎疾患の適切な治療を行い、日頃から猫の様子をよく観察しておきましょう。

他の脳・神経の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術