椎間板ヘルニア - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

椎間板ヘルニア

症状
椎間板は背骨を構成する椎骨の骨の間に存在する円形の線維軟骨で、椎骨にかかる衝撃を吸収する役割を担っています。その内部にゼリー状の髄核があり、それが何らかの原因で外部に漏出した状態や、髄核を包む線維輪が膨らんで脊髄などを圧迫するのがヘルニアです。胸腰部では背中を痛がる、動くのを嫌がる、後肢の麻痺、起立困難などの症状が現れます。頸部では、頭を上げるのを嫌がる、前肢の麻痺、首を触ると痛がるなどの症状が現れます。進行すると後肢が完全に麻痺をして前肢のみで歩く場合もあります。
原因
椎間板の内部の髄核が外部に漏出した状態や、髄核を包む線維輪が膨らんで脊髄などを圧迫することで発症します。外圧と肥満、老化が主な原因と考えられています。外圧は交通事故や転落など瞬発的に強い力が加えられることでその衝撃に耐えれず髄核の漏出が起こります。肥満の場合は日常生活で徐々に負担がかかり蓄積されて発症します。老化は髄核を包む繊維輪が弱化することで衝撃に弱くなり発症します。また短足や小型の猫種は発症しやすいとされています。
治療方法・対策
軽度の場合、消炎剤などが投与されます。また肥満の場合は栄養管理や運動管理によって解消を試みます。重度の場合、外科手術で漏出した髄核や膨らんだ線維輪を除去します。また神経に障害をきたしている場合には、排泄や歩行の補助も必要になります。事故や転落などの外傷を防ぐために、室内飼育にして安全な生活環境を整えたり、食餌の栄養管理や運動管理をして、肥満にならないように日頃から気を付けることが予防策です。

他の脳・神経の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術