僧帽弁狭窄症 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

僧帽弁狭窄症

症状
心臓の左心室入り口に位置し、血液の流れを調整する僧房弁の開口部が狭くなることで、左心房から左心室へ十分な血液が送れなくなります。症状は僧房弁閉鎖不全症と類似しており、呼吸困難や咳の症状が現れます。呼吸困難になると、常に口を開けて呼吸をしたり胸を広げるように息を吸い込んだりするようになります。また運動をするとすぐに疲れたり座り込んだりと運動不耐性を示します。また運動したり興奮状態になったりすると血圧が低下して失神する場合もあります。また左心房圧と肺毛細血管圧の上昇によって、肺水腫や肺高血圧症を引き起こします。
原因
僧房弁が十分に開口できないことより引き起こされます。僧房弁は左心室と左心房を区切る2枚の薄い弁です。心臓が拡張する時心房を通って心室に血液をためるため僧房弁は開いており、収縮する時心室の血液を全身へ送るため僧房弁は閉じています。僧房弁が狭窄すると、拡張時に僧房弁が十分に開いていない状態で、弁と弁の周囲組織の癒着や肥厚の異常により起こると考えられています。
治療方法・対策
X線検査や心臓超音波検査、心雑音や血圧測定などで診断されます。心臓に血液がたまるのを防ぐために、排尿で水分を減らす利尿剤や血管拡張剤を投与します。不整脈がある場合には、抗不整脈薬を投与します。また状況に応じて僧房弁が十分に開口して左心室への血液の流れを確保できるように、外科手術を行う場合もあります。しかしながら、人口心肺装置を用いて心臓を止めての手術でリスクを伴うため、十分な検討が必要です。完治が難しい疾患のため、症状の緩和とQOL(生活の質)の改善のための治療が行われます。

他の循環器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術