乳腺過形成 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

乳腺過形成

症状
上皮組織と間葉組織の両方で乳腺組織の増殖が起こっている場合です。黄体ホルモンのプロゲステロンと関連があるため、避妊手術を施していない雌猫の発情後に多く見られます。乳房が肥大して、硬くなりますが、それ以外は無症状です。まれに乳頭口から乳汁や透明な分泌液が排出される場合もあります。肥大した乳房に刺激などを与えると、炎症を起こす可能性があります。乳腺過形成は良性ですが、その病態が乳腺腫瘍と似ているため検査での鑑別が必要です。
原因
発情期に黄体ホルモンのプロゲステロンが過剰分泌されることで、乳腺間質の線維過形成が起こると考えられています。また治療等でホルモン剤(プロゲステロン製剤)を過剰投与した場合にも発症します。主に若年の避妊手術を施していない雌猫で見られます。
治療方法・対策
触診や細胞生検で診断されます。病態が類似する乳腺腫瘍や乳房炎などとの鑑別が必要です。乳腺を触診すると、下方(尾側)になるほど脂肪の量が増えるため、肥大しているように感じます。外科手術で卵巣子宮摘出が行われます。乳腺過形成自体は、1、2ヶ月程度で自然に退縮していきます。刺激を与えると炎症を起こす場合があるので注意が必要です。数か月経ってしこりが残るようであれば、乳腺腫瘍が疑われます。避妊手術を施すことが、発症のリスクを下げることに繋がります。避妊手術は卵巣腫瘍や乳腺腫瘍、子宮蓄膿症などの生殖器疾患全体への予防策となります。