サルモネラ感染症 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

サルモネラ感染症

症状
サルモネラ菌は経口から体内に侵入して、急性胃腸炎や敗血症などを引き起こします。発熱や嘔吐、元気消失、腹痛や下痢などが見られます。下痢は水様性で粘膜や血液が混ざる場合もあり、便の回数も極端に増えます。進行すれば脱水症状や細菌が血液中に拡散する菌血症、感染症の影響が全身に波及する敗血症性のショックなどを引き起こし、死に至る危険性があります。また白血球の減少が見られる場合もあります。感染するサルモネラ菌の性質によって消化器症状以外の症状が現れる場合があります。症状の程度は無症状から重度まで様々です。
原因
サルモネラ菌の感染が原因です。サルモネラ菌は動物の腸内に生息していたり、汚染された土壌や水、食物などにも含まれています。特にミドリガメなどの爬虫類は高い確率で保菌し、猫や犬などの哺乳類も保菌してます。動物の排泄物に触れたり汚染された食物を食べたりすることによって経口から体内に侵入して感染します。ネズミが媒介するケースも多いと考えられています。一度発症して回復したり無症状だったりした場合、長期間保菌化するケースがあるため感染源として注意が必要です。
治療方法・対策
便の検査を行いますが、菌の検出が難しく確定診断できない場合もあります。サルモネラ菌と同じく白血球の減少症状が現れるバルボウイルスとの鑑別が必要です。治療は抗菌剤の投与や、下痢や嘔吐によって失われた体液を補給する輸液の投与を行います。サルモネラ菌のワクチンは開発されていません。室内飼育にして他の動物との接触を避けたり、食餌は新鮮なものを与えて生肉は与えないようにしたり、清潔な飼育環境を整えることが予防策です。

他の感染症の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術