大腸菌症 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

大腸菌症

症状
大腸菌は猫の体内に常在していて通常は無害ですが、大腸菌はその表面の抗原によって様々な種類に分類され、その中の一部は病原性を示します。それらの大腸菌が体内に侵入して腸管で感染・増殖すると発症します。発熱や食欲不振などに加え、下痢や嘔吐などの消化器症状を現します。下痢の多くは水様性で、感染した大腸菌によっては粘膜や血液が混ざる場合があります。頻繁に便意を示すものの排泄できない状態が見られたり、脱水症状を引き起こして衰弱する場合もあります。また大腸菌は腸管細胞を破壊するため敗血症を引き起こす危険性があります。症状の程度は様々で、子猫は重症化しやすいとされています。
原因
大腸菌は猫を含む様々な動物の体内に常在していて、通常は無害です。しかし一部の病原性を持つ大腸菌が体内に侵入して増殖することで発症します。感染経路は、感染動物の排泄物との接触や汚染された食物を食べる事によって経口的に体内に入り、感染・増殖すると考えられます。正常な状態であれば増殖できませんが、病原性大腸菌が大量に侵入したり免疫力が低下していたり、何らかの理由で常在菌が弱体化していたりする場合などには増殖してしまいます。感染して回復した場合も菌が体内に残り保菌化するため、感染源として注意が必要です。
治療方法・対策
抗菌剤の投与を行い除菌します。脱水症状対策として輸液を投与したり、栄養補給や保温を行ったりして体力を温存させます。大腸菌のワクチンは開発されていません。感染動物との接触を防ぐために室内飼育にしたり、食餌は新鮮なものを与えて生肉を与えないようにしましょう。免疫力の低下を防ぐためにストレスの少ない清潔な飼育環境を整えることも予防策です。

他の感染症の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術