尿に異常がある - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

尿に異常がある

症状の傾向
排尿量が少なく、何度もトイレに行ったり、おしっこポーズをとるのに尿がでない場合は、膀胱炎や尿路結石の可能性があります。尿路結石で尿道や膀胱に結石がある場合は腹痛を伴い、排出されない尿が腎臓に逆流して命に関わる場合もあります。尿に血が混じる時は、腎臓病、膀胱炎、膀胱癌、前立腺、尿道に問題がある場合が多くあります。タマネギ中毒の場合は赤血球が破壊され、貧血や嘔吐とともに赤い尿がでます。
発見方法・対策
平常時の排尿回数やトイレにいく頻度、排尿量や色は飼い主さんでなければ観察することができません。日頃から尿の状態を確認して、異常があればすぐに病院を受診します。外でトイレをする犬の場合は、1年に1度は尿検査をしたり、時々ペットシートを持参してシートに排尿させると色や臭いに異常がないかチェックすることができます。前立腺の病気の予防としては若いうちに去勢手術を施すことでリスクを減らすことができます。獣医師とメリットデメリットをよく相談して判断します。
※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術