腹腔の腫瘍 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

腹腔の腫瘍

症状
体の腹部には様々な内臓があり、どの臓器にも腫瘍ができます。腫瘍のできた部位によって症状は違いますが、元気がなく、あきらかにいつもと違う様子があります。胃腸や消化器系の臓器に腫瘍がある場合は、食欲がなく体重が減る、下痢が続く、嘔吐や吐き気があるといった症状が現れ、排便排尿がしづらい時は泌尿器系の臓器に腫瘍があり、お腹が張って膨らんでいる時は子宮や肝臓など、様々な症状が現れます。腫瘍は良性の場合もありますが、何からの症状があったり、悪性だったりする場合は症状が長く続き悪化していきます。
原因
腹部にできる腫瘍の原因は様々あります。また、はっきりと原因が判明していないものも多くあります。ストレスやウィルスなどの細菌感染、食事や衛生状態などによって発症した疾患が原因になる場合もあります。悪性腫瘍の場合は転移も速く、症状に気づいてからでは治療が間に合わない場合も多くあるので、8歳頃からは血液検査などを含んだ定期健診が必要です。
治療方法・対策
体の腹部には様々な内臓があり、どの部位に腫瘍があるのかを特定するため、X線検査、血液検査、超音波検査などを行い、腫瘍がある場合は外科的手術で切除し、抗がん剤治療なども併用します。外科手術ですべての腫瘍を完全に切除することは難しいとされますが、延命治療としては有効で、痛みを緩和するための内科的治療も取り入れていきます。

他の腫瘍の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術