生殖器の腫瘍 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

生殖器の腫瘍

症状
生殖器の腫瘍は性別で違いがありますが、可移植性性器肉腫は交尾の際の濃厚接触でどちらにも伝播します。症状は潰瘍性でカリフラワー様の腫瘤が形成され、生殖器だけでなく、臭いをかいだ鼻腔内や口腔に発症します。女の子の生殖器腫瘍で代表的なものに卵巣腫瘍があります。初期は無症状ですが発情期のような状態になり、進行するとお腹が張って、腹水も溜まります。乳腺腫瘍は乳房の皮下にできる腫瘍で、しこりができて次第に大きくなります。男の子の場合は前立腺腫瘍が代表的です。悪性腫瘍の可能性が高く、初期症状は前立腺肥大と似ていて、進行すると排尿困難などがみられます。
原因
可移植性性器肉腫の発症率には地域性があり、繁殖管理が行われていない、放し飼い犬の多い地域での発症が多くなります。卵巣腫瘍の原因ははっきりしませんが、出産経験がない老犬に多いことから、卵巣ホルモンが要因とされています。また、乳腺腫瘍は出産経験と発症率の関係ははっきりとしていませんが、高齢のワンちゃんに発症が多いことから女性ホルモンが関わっている可能性があります。前立腺腫瘍もホルモンバランスが要因のひとつとされています。
治療方法・対策
治療は切除できる部位であれば外科的手術で切除します。高齢で手術が難しい場合や転移がある場合は、抗がん剤治療や化学療法で治療します。放射線治療やホルモン治療を行う場合もありますが、年齢や症状をよく相談して治療方法を考える必要があります。

他の腫瘍の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術