ツメダニ症 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

ツメダニ症

症状
ツメダニ症は主に背中など寄生した部分に大量のフケが目立つようになり、強くはありませんが痒みもあります。ワンちゃんが痒がる時に被毛をかき分けて皮膚を見るとたくさんのフケが出ていることで発見できます。子犬の場合は症状が重くなる傾向にあり、疥癬に似た症状がでる場合もあります。抵抗力のある成犬の場合は寄生しても発症しないこともあり、発症しても軽度な場合が多くあります。ワンちゃんとの接触で人にも感染し赤い発疹と強い痒みが出るダニ刺咬性皮膚炎を発症します。
原因
イヌツメダニという体長0.3~0.5mmのダニが寄生することで発症します。イヌツメダニは肉眼では確認できませんが頭に大きな爪を持っているのが特徴で、畳やカーペットに生息するツメダニとは別のダニです。イヌツメダニは感染しているワンちゃんと接触することで伝染するので、体を痒がっているワンちゃんとの接触を避けます。ワンちゃんと一緒に寝ることや、抱くことが多い場合は人にも感染し、赤い発疹や強い痒みで気づきます。
治療方法・対策
ダニの駆除はスポット薬や内服薬の殺ダニ剤を投与し、殺ダニ効果のある薬用シャンプーを使って駆除します。家庭でシャンプーをする場合は、頭から背中の上半身を念入りに洗ってフケを落とします。卵には効果がないので、根気よくシャンプーを続けます。人も感染する寄生虫なので、日ごろからワンちゃんの衛生面には気を配ります。放置しておくとツメダニの生息域が全身に広がって、不快な皮膚の状態や痒みでストレスを溜めてしまいます。症状に気づいた時は早めに病院を受診します。ツメダニはトリミングの器具や感染犬との接触から感染するので、感染しているときはトリミングやペットホテル、ドッグランなどの使用は控えましょう。

他の皮膚の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術