内分泌性皮膚炎 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

内分泌性皮膚炎

症状
内分泌性皮膚炎はホルモン量の異常分泌が原因で、ホルモン異常の代表的な皮膚炎では甲状腺機能低下症があり、鼻や尾、胴体に左右対称の脱毛が現れます。痒みはなく、皮膚が厚みを増す肥厚もみられます。性ホルモンの分泌に異常が生じると、生殖器や肛門周辺に脱毛が集中します。副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)では左右対称性の脱毛が徐々に広がり、脱毛部位の皮膚は血管が透けてみえるほど薄くなることもあります。
原因
内分泌性皮膚炎(ホルモン性皮膚炎)は、体内で分泌されている様々なホルモンの分泌量が正常でなくなり、何らかの異常が生じて皮膚に炎症が起きることがあります。皮膚に影響をもたらすホルモンは甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモン、成長ホルモン、性ホルモンなどがあげられます。ホルモン異常が起こる原因としては、ストレスや先天性異常、腫瘍などが考えられますが、はっきりと特定できません。
治療方法・対策
治療は皮膚の状態や部位、さらに皮膚以外の症状などを確認し、血液検査で分泌異常を起こしているホルモンを特定します。また腫瘍など別の要因でホルモン異常が引き起こされていないか検査をします。治療は足りないホルモンを補ったり、過剰分泌の場合は抑制する内服薬を投与します。ただし副作用も強いため十分な診断と適した治療を判断し、治療を継続しながら定期的な検査を行います。皮膚炎の改善にも時間がかかることがあるので、根気よく治療を行います。

他の皮膚の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術