虫歯 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

虫歯

症状
ワンちゃんは人よりも虫歯になりにくいといわれていますが、それでも虫歯になることがあります。虫歯になると人と同様に患部は初期段階の茶色から進行すると黒色に変色し、歯がもろくなって穴があき、口臭もひどくなります。初期の頃はあまり症状はありませんが、進行すると食べ物がしみたり、痛みが出て食欲が落ちます。虫歯が進行すると歯の内部の歯髄にまで達し、歯髄炎になってしまい、最後は歯髄が壊死して歯が折れることもあります。
原因
虫歯は歯磨きを怠ったことで歯垢の中で作りだされた酸やタンパク質の分解酵素が、歯のエナメル質や象牙質を溶かすことが原因です。ワンちゃんの唾液は人よりもアルカリ度が高く、歯垢になりやすい特徴があります。難しいかもしれませんが、1日1回の歯磨きは日課にして、口の中の環境を整えることが必要です。
治療方法・対策
虫歯の治療は全身麻酔をかけて、虫歯になってしまった歯の病変を削り取ります。削った部分は詰め物などをして修復します。詰め物を使用する治療方法はきわめて専門的で、ワンちゃんでは維持が難しい場合もあります。虫歯が悪化して歯の治療だけでは改善できない場合や、歯肉炎や歯槽膿漏を発症している場合は、その治療も行います。症状が重い場合は、歯を抜く場合もあります。歯の磨き方は、指に湿らせたガーゼを巻いて1本1本を磨く方法や、歯ブラシを使う方法など様々です。ガーゼで磨く方法は歯周ポケットの中まで汚れを取り除くことができないので、歯ブラシを推奨する獣医師も多いようです。歯磨きは一生続くので子犬の頃から口の中を触っても抵抗しないように少しずつ慣らしていきます。

他の歯・口腔の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術