口内炎 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

口内炎

症状
口の中の粘膜に赤い発疹や潰瘍ができて口臭がきつくなります。口の中が気になるのか、何も食べていないのに口をクチャクチャさせたり、前足で口元を足でかいたりします。よだれも多くなり、おもちゃで遊んだ後に血のついたよだれが出たりすることもあります。また、微熱や食欲不振といった症状も現れます。症状に気づいて口の中を見ると、赤く腫れてただれたりしています。食欲不振で体重が落ちてしまうこともあります。
原因
口内炎は口腔内の粘膜や幹部組織に炎症が起こっている状態で、口の中で起きた外傷や、レストスピラ症や天疱瘡のような免疫性疾患やウィルス感染の他、アレルギー性皮膚炎、真菌などの細菌感染が原因となる場合があります。また、糖尿病や進行した腎臓病、ビタミン欠乏症などの全身疾患があって、その病気の症状のひとつとも考えられます。口腔内の衛生状態が悪く、虫歯や歯周病にかかって起こる場合もあります。
治療方法・対策
口内炎の原因になっている基礎疾患があれば、疾患の治療を行います。感染症を起こしている場合は抗生物質を投与して炎症を抑え、口内炎そのものに消炎剤を塗布して炎症を抑えます。痛みが強い場合は、食事をやわらかく消化の良い物にして、食欲が落ちないように気をつけます。予防としては口の中に怪我をさせないように気をつけて、日ごろから口の中の清潔を保てるように歯磨きやブラッシングでケアすることが大切です。

他の歯・口腔の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術