副鼻腔炎 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

副鼻腔炎

症状
鼻炎の症状を放置しておくと炎症が奥のほうまで広がって、副鼻腔まで症状が広がります。最初は鼻水やくしゃみで済みますが、悪化すると症状が慢性化して、鼻水は血液の混じった膿状の鼻汁へと変わります。鼻に痛みを感じ前足で鼻をかいたり、目ヤニが目立つようになり結膜炎を併発することもあります。鼻が詰まって呼吸が荒くなり、夜は眠りが浅くなってストレスを感じます。鼻筋が盛り上がったように見えることもあります。
原因
鼻炎を治療せず放置しておいて慢性化することや、口の中の歯肉炎が原因で副鼻腔炎になることがあります。真菌やウィルス感染が原因となっていたり、鼻や鼻腔内の外傷や鼻の中にできた腫瘍が原因で症状が発症することもあります。鼻と口や上顎はとても近い場所にあり、どこかで炎症や感染が起きると鼻に炎症が波及してくることが多くあります。
治療方法・対策
副鼻腔炎の原因が何かを特定するため、X線検査などを行い原因を調べます。目の疾患や口の中に歯周病などの疾患があれば、それに対して治療を行います。鼻腔内に炎症があれば抗炎症剤を投与して炎症を抑え、痛みを軽減します。細菌感染であれば抗生物質、真菌感染であれば抗真菌剤など内科的治療を行います。腫瘍が発見された場合は鼻腔内の手術は難しいため、抗がん剤や放射線治療などを選択します。予防としては鼻水などの症状があればすぐに受診して軽度のうちに鼻炎の治療を行います。

他の呼吸器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術