咽頭炎 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

咽頭炎

症状
ワンちゃんの咽頭炎は喉に炎症が起きた状態です。咽頭は口から食道が始まるまでの間を指しています。初めは軽く咳をする程度ですが、症状が悪化してくると、喉に痛みを感じるようになります。ワンちゃんは喉の周辺を触られることを嫌がるようになり、食欲が落ちたり、よだれが多く出るようになります。また、吐こうとしても吐かないような、えづく仕草をします。症状が悪化すると咳が頻繁に出て、吐血や嘔吐、さらに呼吸困難になったり、鳴き声が変わることもあります
原因
喉に炎症を起こす原因は様々あります。有毒ガスや薬品を吸い込んでしまって炎症を起こす場合もありますし、ジステンバーなどのウィルス感染や、鼻炎、口内炎から波及した症状の可能性も考えられます。鶏の骨などの尖った食品が、喉に引っかかったり刺さったりすることが原因になることもあります。ワンちゃんは、食べた物を小さく噛み砕くことが苦手なので大きな塊のまま飲み込むことがあり、それが原因で喉を傷つけてしまうこともあります。
治療方法・対策
生活環境の中で、薬品を使用する際にガスを発生させないように気をつけたり、屋外でも煙や薬品散布の場所には近づかないようにして、ワンちゃんが毒性ガスを吸い込まないようにします。誤飲誤食は生活環境の改善で予防できるので、食べてはいけない物を口にしないよう、生活環境を整えます。咽頭炎を発症したら安静に過ごさせて、食事をやわらかい物にします。治療はレントゲンを撮って原因を探ります。喉に異物があれば外科的処置で取り除き、喉の炎症にはネブライザー吸引などで治療します。鼻炎などの基礎疾患があればその治療も行います。

他の呼吸器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術