気管支炎 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

気管支炎

症状
気管支炎は気管支周辺に炎症が起きる病気です。ケンネルコフとも呼ばれるウィルス性の感染症の場合は、発症すると急な発熱や咳などの症状が現れます。成犬や単独ウィルス感染の場合は症状も軽く済みますが、子犬や老犬の場合は高熱や膿状の鼻水を出し、食欲や元気がなくなり、重症化すると肺炎を起こして重篤な状態になることがあります。心臓や気管虚脱など呼吸器疾患を持っていると症状が悪化しやすく、運動や興奮した時は咳がひどくなり、呼吸困難を起こす例もみられます。
原因
気管支炎の原因は様々あります。ケンネルコフの原因となる犬パラインフルエンザや犬アデノウィルスⅡ型などのウィルスの感染が原因の場合は、フィラリア感染などが原因になる寄生虫感染で発症することがあります。また、ハウスダストやタバコの煙、化学物質などが原因のアレルギーや遺伝性疾患、老化などがあげられます。
治療方法・対策
ケンネルコフや犬アデノウィルスⅡ型などのウィルス感染は、ワクチン接種で予防することができるので、毎年予防接種を必ず受けます。また、アレルギーが原因の場合はその原因を生活環境から排除し、発症を防ぎます。呼吸器や心臓などに疾患がある場合は治療を行いながら、鎮咳剤や気管支拡張剤などの投与と抗生物質で炎症を抑えます。発症したらできるだけ安静にさせて運動なども控えます。

他の呼吸器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術