心房中隔欠損症 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

心房中隔欠損症

症状
心臓の左心房と右心房の間にある中隔という壁に卵円孔という穴が開いている病気です。心房中隔欠損症を患っていても、卵円孔が小さければ無症状の場合もあります。卵円孔が大きく、心臓に他の疾患を併発している場合には、右心室に大きな負担がかかって様々な症状が出ます。初期の頃は軽い咳を起こして疲れやすくなり、元気がなくなり運動や散歩を嫌がります。重症化してくると皮膚や舌などが青紫に変色するチアノーゼを起こしたり、失神して意識を失うなどの症状が起こります。
原因
中隔に開いている卵円孔は、生まれる前の胎児期なら大抵空いていて、通常は生まれる前に閉じて壁を形成しますが、閉じずに空いたままになっているのが欠損症です。雌犬に多く発生する傾向もあります。また、フィラリア症を併発した場合は成虫になったフィラリア虫が卵円孔を通って左心房と右心房を自由に移動するようになり、心臓に悪い影響を与えることがあります。発症するワンちゃんは少ない疾患ですが好発犬種があることから遺伝性疾患の要因があるといわれています。
治療方法・対策
先天的な遺伝子疾患なので予防は難しい病気です。咳が出ていたり、子犬なのに元気がないなど気になる様子があれば早めに受診して早期発見、早期治療が大切です。フィラリア症を併発すると重篤な状態になるので、フィラリア予防はしっかりと行います。治療としては軽症であまり症状がなければ、運動を制限したり経過をみたり、内科的治療で様子をみます。症状が進行している場合は、外科的手術で穴を塞ぐ治療を行う場合もあります。

他の循環器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術