肝硬変 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

肝硬変

症状
肝臓が硬く変質してしまう肝硬変は肝機能が極端に低下した状態になります。元気がなくなって、食欲も落ちます。また下痢や嘔吐もあり、体重も減少していって腹水が溜まってお腹を触られることを嫌がります。症状が進むと血便や耳の中や歯茎、白目が黄色くなる黄疸がみられ、皮膚全体の色も黄色くなります。悪化すると肝細胞の合成機能や代謝機能も低下するため、低タンパク症や低血糖症を発症します。アンモニアや他の有毒物質が血液循環で脳に溜まり、肝性脳症を発症することもあります。
原因
肝硬変の原因は、慢性肝疾患が進行した最終段階で繰り返し肝臓に炎症が起こることです。そのたびに線維組織が破壊された部分を修復しようとして増殖し、最終的に線維が多すぎて肝臓全体を硬く変質させてしまいます。他の原因としては門脈シャントなどの肝不全や重度肥満、肝腫瘍、胆管結石、胆うっ滞、フィラリア感染による血液の循環不全などもあげられます。
治療方法・対策
肝硬変になると、一度壊れてしまった組織を治すことはできず、完治は不可能な病気です。そのため、症状を緩和する治療と、進行させないための治療が行われます。肝硬変にも段階がありますから、他に疾患がある場合は原因疾患の治療を行いこれ以上進行させないようにします。食事療法としては、低脂肪で糖分やビタミンが豊富な栄養価の高い療養食を与え、安静を保ちます。

他の消化器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術