強迫性異常症 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

強迫性異常症

症状
日常生活に影響を及ぼすほど延々と同じ行動を繰り返し続けます。尾や前足を自分でかんだりなめたりする行為によって、舐性皮膚炎などの二次症状があらわれることもあります。自分の尾を追いかけてぐるぐる回り続ける、ずっと同じところを行ったり来たりする、訳もなくずっと吠え続けるなど、意味のない反復行動はを繰り返し行い、さらに自分の意思では止められなくなってしまうこともあります。
原因
病気や怪我による持続的な痛みがある場合には、怪我が完治した後でもなめ癖が治らないことがあります。また、過剰な拘束や攻撃的なワンちゃんとの集団生活などの環境ストレスが原因となる事があります。体力や時間がありあまっているため暇つぶしで同じ行動を繰り返している場合もあります。
治療方法・対策
原因が多岐にわたるため、決定的な解決策はありませんが、まずは原因となるものを取り除く・改善することで、症状の緩和を狙います。犬を室内飼いに切り替えてある程度自由に過ごさせる、散歩の時間や頻度を増やす、マッサージなどのスキンシップをする時間を作る、集団から離す、などの具体策が考えられます。環境やワンちゃんへの接し方を見直す事で症状の緩和が期待されますが、投薬治療を行う場合もあります。

他のその他の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術