骨軟化症 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

骨軟化症

症状
クル病と呼ばれることもあります。特に大型犬種の子犬の成長時期にみられることが多く、足の骨の変形(特に長管骨)が主な症状でそれにともない、跛行、骨の痛みなども出てきます。これにより骨軟化症を発症した犬は歩く際に歩幅を縮めて歩く、スキップをするように歩くなどの行動をみせます。また骨軟化症はビタミンDの合成の不足によって骨が弱ってしまうことが原因ですので、骨が変形するだけでなく、少しの衝撃を与えただけで骨折してしまうこともあります。
原因
成犬に見られる病気で、骨端線閉鎖が完了した骨の成長後に発症します。何らかの要因で骨の脱灰がおこり骨が軟化してく病気です。深刻な日光浴でビタミンDの合成が不十分となって発症する場合や免疫力低下、食餌の栄養バランスの偏り、特にリンの過剰摂取などによっておこります。寄生虫が原因となることもあります。先天性酵素欠損によるビタミンD代謝異常や消化器疾患によって栄養素の吸収不足が原因となることもあります。
治療方法・対策
カルシウム剤やビタミン剤の投与で不足している栄養素を補いながら経過観察を行います。病気に起因する栄養素不足が問題の場合は、その基礎疾患の治療を施します。カルシウムやビタミンDだけでなく良質なたんぱく質など、栄養バランスに優れた食餌を与え、日光浴を心がけることは、治療だけでなく発症予防としても効果があります。また、強い骨の形成には運動が欠かせないため、散歩や外での運動が発症予防につながります。

他の骨・関節の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術