分離不安 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

分離不安

症状
飼い主から離れて一人になると強い不安を感じ、その不安が原因で様々な問題行動を起こすことをいいます。吠え、ピーピーという鼻鳴き、室内のひっかき行動、うろうろと歩き回る、物を噛んだり壊したりする、不適切な場所での排泄、離れようとすると噛んだり唸ったりするなどの行動をとりますが、ストレスが限界を超えたとき、無気力、食欲不振、抑うつ、下痢・便秘、嘔吐などの身体症状があらわれます。
原因
ワンちゃんは群れでの生活を好み、孤独には弱い傾向があります。単頭飼育のワンちゃんは、集団飼育のワンちゃんよりも分離不安になりやすいともいわれます。親兄弟から早期に引き離されたり子犬の頃孤独を感じた、飼い主と接する時間が減ったり引越しなどの環境変化、飼い主の愛情過多、トラウマなど様々な原因が挙げられます。幼少期のストレスフルな体験は、脳にも大きな変化をもたらすとされています。
治療方法・対策
度合いにより行動療法と薬物療法で症状を緩和します。外出前後に構わない、日頃から別々に過ごす時間を作るなど飼い主との距離感も重要です。そしてワンちゃんがリラックスして留守番できるように環境を整えます。少しずつ留守番時間を延ばして分離によってもストレスを感じないようにしていきます。分離不安の予防には、日頃からの飼い主との距離感を保つ、子犬のころにトラウマになるほどの留守番をさせないなどが挙げられます。

他のその他の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術