よくあるご質問よくあるご質問

補償内容について

去勢・避妊手術は補償対象となりますか?
「フリーペットほけん」は医療保険ですので、傷病に対する治療行為とはみなされない去勢・避妊手術は保険金支払いの対象外項目となります。
また、去勢・避妊手術の際行われた検査や抜糸、術後検診など、去勢・避妊手術に関する処置は全て対象外となります。
加入してすぐの病気・ケガはどうなるのでしょうか?
フリーペットほけんに補償開始日以降の待機期間はございませんので、補償開始日以降であれば、補償開始日直後のケガや病気でもご請求いただけます。
ただし、補償開始日より前から続いている傷病の継続治療や、傷病の原因が生じたときが補償開始日より前である場合には、保険金のお支払ができませんので、ご注意ください。
保険加入前にかかっていた病気であっても、加入後に動物病院で診てもらった場合、保険金は支払われますか?
「フリーペットほけん」では、保険契約開始以前から発症している傷病は、保険金支払いの対象外となります。
傷病の原因が生じたときが保険期間の始まる前の場合にも、保険金のお支払ができませんのでご注意ください。
賠償責任の補償はありますか?
「フリーペットほけん」は保険の対象となるペットが被った傷病を補償する医療保険のみの保険商品となっております。
そのため、ペットが人にケガをさせてしまった・物を壊してしまった際に発生する賠償責任に対する補償はございません。あらかじめご了承ください。
入院の限度日数を教えてください。
FPCのフリーペットほけんの入院保険金に限度日数はありません。入院期間が何日間であっても入院して退院するまでを1入院とし、年間3入院までが補償対象となります。
ペット保険の中には、入院保険金に年間の限度日数が定められているものもありますが、FPCのフリーペットほけんには限度額はあるものの入院保険金に日数制限はありません。入院期間が何日間であっても入院して退院するまでを1入院とし、年間3入院までが補償対象となります。長期間の入院治療が必要となった際に、「限度日数を超えてしまうかもしれない」といったご不安なく、安心して治療に専念できる設計になっています。

●限度額・限度回数
入院についての限度回数・限度額は、単位契約(保険期間1年間)当たり3入院まで、1入院当たりの上限(限度額)が125,000円となります。
※3回以上の入院があった場合は、日付が早いものからの保険適用となります。
※補償期間に該当しない場合は、補償の対象となりません。
補償の対象外となるものについて教えてください。
保険金をお支払できない主な項目は以下になります。

・妊娠・出産に関わる費用
・既往症、先天性・遺伝性疾患
・保険制度上、ケガや病気に該当しないもの(耳掃除、爪切り、歯石除去、等)
・予防費用
・検診、健康診断
・医薬部外品、健康食品、代替医療等
・治療に付帯する費用(時間外料金、カウンセリング料、等)
・契約者・被保険者の行為によるもの
・自然災害によるもの


これらは、主な対象外項目を記載したものになりますので、詳しくは「FPCペット保険普通保険約款」の第2章第2条、第3条もしくは補償内容をこちらからご確認ください。
補償対象となる動物病院は指定されていますか?
「フリーペットほけん」では、補償対象となる動物病院の指定はございません。日本国内の動物病院(獣医療法に定める診療施設)であればご請求いただけます。

一旦、飼い主さまに診療費を全額ご負担いただいた後、弊社にご請求いただいた診療費に対して審査を行い、保険金をお支払いさせていただきます。
そのため、全国どちらの動物病院であっても、受診された動物病院でのお支払いを証明する診療費明細書または明細付きの領収書の原本と、保険証券のコピーをご準備いただければ、保険金をご請求いただけます。
以上の2点を同封していただき、FPC(〒720-0043 広島県福山市船町7-25ケイエースビル4階 株式会社FPC 保険金請求係)までお送りください。
請求方法についての詳しい内容は、保険金の請求方法を教えてくださいをご確認ください。

なお、基本的にはこの2点のみのご提出をお願いしておりますが、場合によっては検査結果表や獣医師の診断書等をご提出いただく場合もございます。あらかじめご了承ください。
海外での動物病院の診療費も補償対象となるのでしょうか?
大変申し訳ございませんが、「フリーペットほけん」では、海外の動物病院での治療費については補償の対象外となります。
弊社の保険商品では、日本国内での動物病院(獣医療法に定める診療施設)の診療費を補償の対象としております。日本国内であればどこの動物病院であっても保険金お支払い審査の対象ですので、国内旅行や帰省などでいつもと違う動物病院を受診された場合にも保険金をご請求いただけます。
保険契約中はどんな病気やケガでも補償対象となるのですか?
「フリーペットほけん」では、保険期間内(保険証券記載)に原因が生じた病気やケガであれば、皮膚病や外耳炎などの比較的軽度なものから、ガンや骨折といった、手術が必要となる重度のものまで、補償対象となります。

ただし、「ワクチン接種等の予防費用」や「去勢・避妊等の妊娠出産にかかわる費用」など、動物病院で行われたものであっても補償の対象とならないものもございます。(詳しくは補償の対象外となるものについて教えてくださいをご確認ください。)

詳しい請求方法については、こちらをご確認ください。
「フリーペットほけん」の特徴が知りたいです。
「フリーペットほけん」の特徴は「業界最安クラスの保険料」、「シンプルでわかりやすいプラン」、「通院・入院・手術全てを補償」の3点です。

●業界最安クラスの保険料
業界最安クラスの保険料で、通院・入院・手術全てをカバーする、補償割合50%と70%から選べるペット保険です。
また、8歳(9歳未満)まで新規でご加入いただけ、加入後は終身まで継続できることも特徴の一つです。12歳以降は保険料に変更がございませんので、老齢でも保険料の上昇を気にせず安心して終身で継続いただける、とても家計に優しい保険商品となっております。

●シンプルでわかりやすいプラン
「フリーペットほけん」は、保険料の変更が小型犬、猫は5歳、12歳の2回のみ(中・大型犬は5歳、9歳、12歳の3回)のフラットな料金設計で、8歳まではペットの品種(犬種・猫種)による保険料差がありません。ペットの分類によって保険料が分かれる9歳以降も、その後の料金変更は12歳時のみで、非常にシンプルな保険商品となっております。

●通院・入院・手術全てを補償
「フリーペットほけん」は他社と比べても非常にお得な保険料設定ですが、補償内容も手厚く、通院・入院・手術全てを補償しております。※「手術のみ」、「入院のみ」などの一部の補償に特化したペット保険ではございませんのでご安心ください。

お客様サービスセンター

フリーダイヤル:0120-56-3912
受付時間:平日10:00~17:00(年末年始・夏期休暇を除く)
メールフォーム:https://www.fpc-pet.co.jp/support/