オーストラリアン・シェパードがかかりやすい病気・ケガ|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

オーストラリアン・シェパード

オーストラリアン・シェパードの飼い主様や、これから飼うご予定の方のために、オーストラリアン・シェパードの特徴や飼い方、かかりやすい病気についてまとめました。
愛犬に最適なペット保険の検討のために、そして何よりも、愛犬との健やかな生活のためにぜひお役立てください。

犬種の特徴

 オーストラリアン・シェパードは、牧畜犬として「状況判断力・体力がある」と重宝されていました。それが家庭では、「賢すぎて扱いにくい・運動させるのが大変」だと言われるようになりました。家族にはとても愛情深すぎて、それ以外の犬や人に強く警戒してしまいます。子犬のころから多くの人や環境に慣れさせて、社会性を育てていきましょう。しつけてきちんと暴れん坊の本能を制御できれば、家族を守る忠犬として、最高の家族になれるでしょう。

健康で元気な子に育てる飼育法

日常のケア
 毛が長くて絡まりやすいので、週に1,2回はブラッシング・シャンプーをして地肌に空気を通しましょう。美しくて豊かな毛を保ち、皮膚炎なども予防できます。生まれつき二重睫毛で、目にまつ毛が刺さる病気ではないか、一度は目をチェックしてあげましょう。家族以外に警戒心を持つことが多いので、子犬のころから多くの人や環境に慣れさせて、社会性を育てていきましょう。また、日常のなかで少しずつ仕事や指示を任せていき、飼い主さんをリーダーとして信頼関係を築きましょう。しつけてきちんと制御できれば、家族を守る忠犬として、最高の家族になれるでしょう。
飼育に適した環境
 とくに腰が悪くなりやすいので、足腰に優しい環境・生活を心がけましょう。
ージャンプ・階段の昇り降りをしない
ー滑りやすい床、雨で濡れた路面を走らない
ー太らせない
運動不足になると、ありあまるエネルギーが暴走し、室内で暴れ出すことも…。?精神面・肉体面の両方を精一杯使うような運動に挑戦させてあげましょう。フリスビー競技などは、本能を存分に解放できて喜ぶでしょう。楽しく一緒に運動して、きちんとしつけることができれば、家族を愛する理想的なパートナーになれるでしょう。

FPCのフリーペット保険なら!ペット保険で最安クラスの保険料!通院・入院・手術の3つをカバーした充実の補償!

  • ※ FPCのフリーペット保険は全国すべての動物病院に対応しています。

photo by Ted Van Pelt

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。 特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術