レオンベルガーがかかりやすい病気・ケガ|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

レオンベルガー

レオンベルガーの飼い主様や、これから飼うご予定の方のために、レオンベルガーの特徴や飼い方、かかりやすい病気についてまとめました。
愛犬に最適なペット保険の検討のために、そして何よりも、愛犬との健やかな生活のためにぜひお役立てください。

犬種の特徴

 その威風堂々とした風格から、かつて女帝から寵愛を受けました。ほかの犬種と同様、第2次世界大戦下では、絶滅寸前でした。しかし、愛好家の努力により、ヨーロッパ各国で評価されるまでに至ったのです。どんなに寒い中でも喜んで飛び込む、泳ぎの名人でも知られています。大型犬なので強い力で事故などを起こさぬように、子犬の頃からしつけが必要です。寿命が8~9歳と短いので、日々の体調チェックと定期検診を受ければ、愛犬と少しでも長く健康で楽しんでいけるでしょう。

健康で元気な子に育てる飼育法

日常のケア
 タレ耳で耳垢がたまりやすく、夏は蒸れて外耳炎にかかります。耳のチェック・掃除をお手入れや遊ぶときに取り入れて、習慣づけられると良いでしょう。運動は、食事の前をお勧めします。運動でお腹が空いて美味しく感じられ、食後にゆっくりお昼寝ができ、さらに胃捻転を防ぐことができます。レオンベルガーのような大型犬は、肘関節形成不全になりやすいです。成長期は少しずつ成長・体重増加させましょう。ネフローゼ症候群になる傾向があるので、日頃から水飲みと尿の回数を見て、多飲多尿かをチェックすれば、早くに気がつき、腎臓を守れるでしょう。
飼育に適した環境
 運動をさせすぎると、股関節などが悪くなりやすいので、散歩は10~20分を2回ほどにしましょう。泳ぐのが好きなので、水泳も取り入れれば、股関節への負担を減らしつつ、本領が発揮できて、とても喜ぶでしょう。大型犬なので、柔軟性のある子犬の頃からのしつけが重要です。小さいうちから多くの経験をさせ、見知らぬ物に対して過度に警戒しなくて良いと、社会性を育てていきましょう。きちんとお世話してしつけることができれば、女王の寵愛を受け、愛好家に愛される気質が発揮され、理想的な家族となれるでしょう。

FPCのフリーペット保険なら!ペット保険で最安クラスの保険料!通院・入院・手術の3つをカバーした充実の補償!

  • ※ FPCのフリーペット保険は全国すべての動物病院に対応しています。

photo by Raintree75

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。 特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術