ラサ・アプソがかかりやすい病気・ケガ|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

ラサ・アプソ

ラサ・アプソの飼い主様や、これから飼うご予定の方のために、ラサ・アプソの特徴や飼い方、かかりやすい病気についてまとめました。
愛犬に最適なペット保険の検討のために、そして何よりも、愛犬との健やかな生活のためにぜひお役立てください。

犬種の特徴

 ダライ・ラマ宮殿で飼われ、中国の貴族などへ献上されていました。チベットのラマ仏教では、死んだ魂が犬に入ると崇拝され、修道院の番犬として大切に育てられました。金色に輝く毛を持ち、耳が良く来客の音を聞くと、吠え知らせたので、チベットの言葉で「ライオンのような鳴き犬」と呼ばれました。活発に動きますが、自立心が強く、プライドが高い面もあります。飼い主さんと一緒にゲームをして遊んだり、隣でくつろぐだけで幸せを感じます。きちんとお世話してしつけられれば、飼い主さんのそばにそっと寄り添う番犬となれるでしょう。

健康で元気な子に育てる飼育法

日常のケア
 特徴的な毛を美しく保つために、2日に1回丁寧にコーミングしてあげましょう。ラサ・アプソは、アレルギー皮膚炎になりやすいと言われています。寒冷地向きのコートで暑さに弱く、皮膚がデリケートなので、特に夏は入念にお手入れをして、皮膚炎・膿皮症を予防しましょう。水腎症になりやすいですが、頻尿・血尿が見逃されてしまいがちなので、ときどき尿の回数・色などチェックしてあげれば、早期発見できるでしょう。さらなる予防をしたい方は、腎臓に優しいフードなど、検討しても良いかもしれません。
飼育に適した環境
 散歩は短い距離で、室内で遊ぶくらいの運動量で充分です。寒冷なチベット気候に適応したコートなので、暑さに弱いです。水を多く飲めるように、適切な温度管理をして、夏でも快適に過ごせる環境を整えましょう。昔来客を主人に吠えて知らせたので、ムダ吠えはあるでしょう。しつけるのは、自立心・プライドが高いくて難しく、根気が必要です。子犬の頃から、出来るだけ沢山の経験・刺激に慣れさせ、社会性を身に付け、新しいことにも警戒しなくて良いと教えられれば、ムダ吠えが減るかもしれません。きちんとしつけられれば、本当に警戒すべき時だけ家族を守る番犬となれるでしょう。

FPCのフリーペット保険なら!ペット保険で最安クラスの保険料!通院・入院・手術の3つをカバーした充実の補償!

  • ※ FPCのフリーペット保険は全国すべての動物病院に対応しています。

photo by Rachel Samanyi

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。 特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術