ワイマラナーがかかりやすい病気・ケガ|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

ワイマラナー

ワイマラナーの飼い主様や、これから飼うご予定の方のために、ワイマラナーの特徴や飼い方、かかりやすい病気についてまとめました。
愛犬に最適なペット保険の検討のために、そして何よりも、愛犬との健やかな生活のためにぜひお役立てください。

犬種の特徴

 やや青みがかった灰色の瞳、金属のように輝くコートからは、気品が満ち溢れています。優雅でありながら俊敏で、耐久力も高いので、毎日多くの運動が必要です。長距離の散歩、ジョギングや、ときには知的な活動や訓練などを取り入れ、強い運動欲求を満足させられれば、家庭でも行儀良く過ごすことができるでしょう。家族を護る意志が強いあまり、警戒心が高くて攻撃することもあるので、小さいうちから、社交的に過ごすようにしましょう。きちんとしつければ、飼い主さんにそっと寄り添って守ってくれる護衛犬になるでしょう。

健康で元気な子に育てる飼育法

日常のケア
 コートは、ブラッシングして余計な毛を取り除けば、大丈夫です。特に、瞬膜内反症にかかりやすいので、毎日のお手入れ・ふれあいの時間に、目のチェックを取り入れて、早く気付けると良いでしょう。ワイマラナーのような大型犬は、胃捻転にかかりやすいです。食前にたっぷり運動してお腹を空かせ、食事にすれば、食後はゆっくり休んで、胃捻転を予防することができるでしょう。もし血友病が発症してしまうと、運動だけで出血多量の危険があります。念のため、血液検査を受ければ、事前に対策を立てることもできるでしょう。
飼育に適した環境
 毎日ジョギングなど、負荷が高い運動を一緒に楽しめる方が、飼い主さんに向いていると言えそうです。広い場所で自由に走り回ることができれば、旺盛な運動欲求を満足させられるでしょう。家族を護る意志が非常に固く、警戒心が強くて攻撃になることもあります。小さいうちから、多様な人々・動物に触れさせ、色々な経験を通して、初めての事に過剰に警戒せず、社交的に過ごせるようにしましょう。きちんとしつければ、飼い主さんのそばに寄り添って護る護衛犬として、家庭でも大活躍できるでしょう。

FPCのフリーペット保険なら!ペット保険で最安クラスの保険料!通院・入院・手術の3つをカバーした充実の補償!

  • ※ FPCのフリーペット保険は全国すべての動物病院に対応しています。

photo by bertknot

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。 特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術