貧血 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

貧血

症状
貧血は生産される赤血球と、寿命で壊れていく赤血球のバランスが崩れている状態です。赤血球は酸素を全身へ届ける役割を担っており、その数が減ることで様々な臓器や組織に影響が出ます。食欲不振や運動量の低下、元気がなく粘膜や皮膚は蒼白し、呼吸が早くなるなどの症状が表れます。貧血はその原因から非再生性貧血、溶血性貧血、失血性貧血の3つに分類できます。溶血性貧血の場合、発熱や黄疸、血色の尿が見られる場合もあります。症状の程度は様々で、ほとんど症状が表れないケースもあります。
原因
貧血はその原因から非再生性貧血、溶血性貧血、失血性貧血の3つに分類できます。非再生貧血は、赤血球を再生する機能に異常が生じ、自然に壊されていく赤血球を補えなくなることで起こります。その原因からさらに、骨髄の赤芽球減少、ヘモグロビンの合成障害、赤芽球の合成障害の3つに分かれます。それらを引き起こす原因は様々ですが、猫白血病ウイルス感染症の影響が最も多く、他に腫瘍、薬剤、ホルモン、基礎疾患の影響が考えられます。溶血性貧血は、生産機能は正常なものの赤血球の寿命が極端に短くなることで起こります。原因は免疫の影響によるもの、感染症、化学物質などの有害物質、先天性、基礎疾患の影響が考えられます。失血性貧血は、外傷や寄生虫、腫瘍などで血液が失われることで起こります。
治療方法・対策
その原因によって、治療方法は異なります。例えば猫白血病ウイルス感染症が原因の場合、インターフェロンの投与や輸血を行い、寄生虫の場合は薬剤による駆除、腫瘍などの切除、免疫性の場合は投薬など様々です。基礎疾患の影響による発症も多いため、その場合は基礎疾患の治療を行います。貧血の症状がほとんど現れず、進行して元気がなくなったり食欲が低下してから初めて気づくケースもあるため、日頃からよく観察しておき早期に気づけるようにしましょう。

他の血液の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術