コーニッシュレックスがかかりやすい病気・ケガ|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

コーニッシュレックス

コーニッシュレックスの飼い主様や、これから飼うご予定の方のために、コーニッシュレックスの特徴や飼い方、かかりやすい病気についてまとめました。
愛猫に最適なペット保険の検討のために、そして何よりも、愛猫との健やかな生活のためにぜひお役立てください。

良くかかる病気・ケガ

皮膚疾患
 この猫種は、毛が短く皮膚が外気にさらされやすいので、皮膚疾患にかかりやすいです。原因としては、アレルギーや日光に当たりすぎた場合、ダニやノミなどの虫が原因になることもあります。皮膚疾患が出ると、皮膚が乾燥してフケ状の粉をふいたり、皮膚上に炎症が発生したり発疹が出て毛が抜けることもあります。放置すればするほど悪化する病気ですので、猫がかゆがったり皮膚に炎症が起きている場合は、早めに獣医さんに連れて行きましょう。
慢性腎不全
 この猫種は慢性腎不全にかかりやすいです。原因は他のウイルスや細菌感染による症状が引き金となって起こることが多いです。症状としては、初期は多飲多尿となる程度ですが、進行してくると尿で毒素を排出することができず体内に毒素がたまる尿毒症を発症します。食欲や元気がなくなり嘔吐、下痢、脱水、体重減少が起こります。最終的にはけいれんして昏睡状態に陥ることもあります。治療が困難で症状を抑える対処療法が主となりますので、早期に治療を開始することが肝要です。処置としては点滴や栄養のコントロールを行います。他の病気からの発生を抑えるためワクチン接種や衛生的な環境の維持が大切です。
尿路結石
 この猫種は尿路結石にかかりやすいです。尿路結石の原因は特定されていませんが、水分をあまり摂らなかったりビタミン不足等の栄養の偏りがあったり、先天的に尿道が狭いなどがあげられます。症状としては腎臓や尿管、膀胱、尿道などに石や砂ができて、血尿がでたり、トイレに頻繁に行くのに尿が出にくくなり、排尿時に痛みを伴います。重症になると尿が出なくなり、食欲もなくなり、命に関わることもあります。軽ければ薬で石を溶かして流すことができますが、石が大きくなっている場合は手術が必要になります。

FPCのフリーペット保険なら!ペット保険で最安クラスの保険料!通院・入院・手術の3つをカバーした充実の補償!

  • ※ FPCのフリーペット保険は全国すべての動物病院に対応しています。

photo by Nickolas Titkov

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。 特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術