椎間板ヘルニア - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

椎間板ヘルニア

症状
椎間板ヘルニアは、進行の度合いや発症した部位によっても症状が異なります。首に起こる頸椎のヘルニアでは、神経麻痺を起こすと初期では足を引きずり、重症化すると四肢に麻痺が起きて立てなくなり、歩くことや排尿排便も自力でできないなど生活困難な状態になります。胸や腰部の椎間板ヘルニアでは胸や腰を痛がって、触られるのを嫌がり、後ろ足の麻痺がみられます。この場合も自力でトイレに行けない場合もあります。
原因
椎間板ヘルニアは、背骨や頸椎の間にある椎間板というクッションが、激しい運動や外傷、肥満、老化など、何らかの原因でつぶれてしまって、髄核と呼ばれるゼリー状の物質が外に飛び出して近くにある神経に触れたり圧迫します。それによって痛みが伴い、神経麻痺症状などが現れます。重症化すると、生涯生活に介助が必要になることがあります。
治療方法・対策
初期症状であれば、抗炎症剤などを投与して痛みを緩和する内科的治療を行い、安静にします。同時に、フローリングの床を滑りにくくするためにマットを敷いたり、高い段差を昇り降りさせない工夫をして、頸椎や脊髄に負担がかからないよう生活環境を整えます。肥満にも十分注意します。重症の場合は外科的手術で飛び出して神経を圧迫している髄核を除去する手術を行います。

他のヘルニアの病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術