横隔膜ヘルニア - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

横隔膜ヘルニア

症状
横隔膜ヘルニアを発症すると、腹部から胸部のほうに臓器が入り込んできます。症状は臓器の状態にもよりますが、はっきりした症状が出ず、無症状の場合もあります。横隔膜の損傷が激しい場合は、腹部の臓器が動いたことで、吐き気やお腹を触ると痛がるような腹痛といった消化器系に異常を訴える場合や、心臓や肺が圧迫されることによる咳や呼吸困難、呼吸が速くなりチアノーゼなどの症状が出てしまいます。ぐったりとして元気もなくなり、重篤な状態になります。
原因
横隔膜ヘルニアの原因の多くは外傷性で、高い場所からの転落や衝突、交通事故など何らかの強い衝撃を受けて、腹部の圧力が上昇し、胸部と腹部を隔てている横隔膜が破れたり裂けたりして腹部の臓器が胸の中に入り込んでしまう病態をいいます。腹部の臓器が肺や心臓を圧迫し、重篤な場合はショック状態で死に至ることもあります。まれに先天性の非外傷性の場合もあり、横隔膜に奇形があって、一部や全体が融合していないことや欠損していることが原因で起こります。先天性の場合は子犬の頃から症状が出ます。
治療方法・対策
ヘルニアの状態によって治療方法は異なりますが、事故直後で嘔吐や呼吸困難などがみられる場合、緊急手術で腹部の臓器を元の位置に戻し、横隔膜の穴や裂け目を修復する手術を行います。先天性で、体がその状態に順応していて目立った症状が出ていない軽症の場合は、そのまま何もしない経過観察となり、手術は慎重に判断されます。

他のヘルニアの病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術