ビアデッド・コリーがかかりやすい病気・ケガ|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

ビアデッド・コリー

ビアデッド・コリーの飼い主様や、これから飼うご予定の方のために、ビアデッド・コリーの特徴や飼い方、かかりやすい病気についてまとめました。
愛犬に最適なペット保険の検討のために、そして何よりも、愛犬との健やかな生活のためにぜひお役立てください。

犬種の特徴

 ビアデッドコリーは、イギリスで生まれ、牧羊犬として活躍したとされています。活発で陽気な性格をしており、散歩などの運動も喜びます。成犬になると20kgほどになりますので、運動は積極的に行ってあげる事をおすすめします。飼い主に対して従順になる傾向がありますので、しつけ次第で飼いやすくなるでしょう。オーバーコートとアンダーコートの二重構造の被毛を持っており、毛量も多いです。このため、定期的なブラッシングが必要です。

健康で元気な子に育てる飼育法

日常のケア
 ビアデッドコリーは、その豊かな毛量から、毛玉やもつれなどを起こしやすいです。成犬になると20kgほどにもなりますので、手をつけないでいるとブラッシングが大変です。こまめにブラッシングしてあげましょう。垂れ耳である事とその毛量で、耳が蒸れやすく外耳炎になりやすいです。定期的に耳をめくって様子を見てあげましょう。散歩などの運動が大好きです。暑さにはとても弱いですので、夏場は暑い時間を避けて行ってあげましょう。
飼育に適した環境
 オーバーコートとアンダーコート、二重構造の被毛をしていますので、暑さに弱いです。夏場の空調管理には十分に気を付けてあげましょう。動く事が好きですので、庭も含め、家の中でも十分なスペースがあると良いでしょう。大型犬の部類に入りますので、関節の疾患になりやすいです。フローリングなどの滑りやすい素材を避け、マットなどの滑らない床材を選んであげてください。皮膚疾患にならないためにもブラッシングなどの手入れが必要です。時間に余裕のある方が望ましいでしょう。

FPCのフリーペット保険なら!ペット保険で最安クラスの保険料!通院・入院・手術の3つをカバーした充実の補償!

  • ※ FPCのフリーペット保険は全国すべての動物病院に対応しています。

photo by Arild Andersen

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。 特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術