ビション・フリーゼがかかりやすい病気・ケガ|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

ビション・フリーゼ

ビション・フリーゼの飼い主様や、これから飼うご予定の方のために、ビション・フリーゼの特徴や飼い方、かかりやすい病気についてまとめました。
愛犬に最適なペット保険の検討のために、そして何よりも、愛犬との健やかな生活のためにぜひお役立てください。

犬種の特徴

 ビション・フリーゼは、フランスで小型化され、愛玩犬として愛されてきました。そのふわふわとしていて立派な毛量から、日本でも人気が高まってきています。明るく活発で、社交的でもあるので、人や犬ともフレンドリーに接する事ができます。しつけを怠ると頑固な性格になってしまう可能性もありますが、基本的に飼い主に対しても愛情深いので教えてあげるとどんどん吸収してくれます。真っ白で毛量の多い毛並みなので、毎日のブラッシングは欠かせません。

健康で元気な子に育てる飼育法

日常のケア
 その毛量から、ブラッシングを怠ってしまうと毛玉やもつれができてしまいます。毛玉は皮膚炎や痒みの原因になりますし、真っ白なキレイな毛をしていますので汚れも目立ちます。毎日してあげれば短時間で済みますので、日課としてしてあげましょう。ビション・フリーゼはブラッシングは必須です。耳のトラブルを起こしやすいので、時々耳をめくってチェックしてあげると予防にもつながります。活発で人や犬と触れ合うのも好きですので、散歩や家での運動もしてあげてください。
飼育に適した環境
 外での散歩はさほど多くは必要としない分も、家で運動させてあげると良いでしょう。小型犬の中では体がしっかりしており、体力もありますので、膝や関節に負担をかけないように、フローリングなどの滑りやすい床材は避けましょう。豊富な毛量から、夏の暑さに弱いです。空調管理はしっかりしてあげましょう。トリミングが必要な犬種です。外耳炎や皮膚炎の予防にもなりますので、月1回を目安にトリミングに出してあげてください。

FPCのフリーペット保険なら!ペット保険で最安クラスの保険料!通院・入院・手術の3つをカバーした充実の補償!

  • ※ FPCのフリーペット保険は全国すべての動物病院に対応しています。

photo by smerikal

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。 特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術