電話 0120-56-3912(サンキューワンニャンと覚えてください。)
受付時間 平日10:00〜17:00
  1. ペット保険のFPC
  2. 犬種図鑑
  3. ボーダー・コリーがかかりやすい病気・ケガ

ボーダー・コリーがかかりやすい病気・ケガ

ボーダー・コリー

ボーダー・コリーの飼い主様や、これから飼うご予定の方のために、ボーダー・コリーの特徴や飼い方、かかりやすい病気についてまとめました。 愛犬に最適なペット保険の検討のために、そして何よりも、愛犬との健やかな生活のためにぜひお役立てください。

良くかかる病気・ケガ

白内障
 若年性のものもありますが、多くの場合は高齢になる事で発症します。黒目の部分、水晶体が白くにごり、徐々に視力が失われていきます。見えなくなる事から、物にぶつかってしまったり、段差などでつまづいてしまったりなどの症状も見られますので注意してあげましょう。ボーダーコリーは目に関する病気が多く、他の目の病気と併発して起こってしまう可能性もあります。予防するのは難しいですが、進行を遅らせる点眼薬などがありますので、異変に気づいたら早めに動物病院へ相談しましょう。
水晶体脱臼
 目のレンズの役割をしている水晶体が、正常な位置から脱臼してしまっている状態です。症状として表れない事もありますが、眼圧が上がり他の目の病気を起こしてしまう可能性があります。そうなってしまうと痛みが伴ったり、視力の低下も見られます。他の目の病気を併発させないために、点眼薬などでの治療が行われます。外傷で後天的に発症する場合もありますが、遺伝や先天的に起こるので予防は難しいです。定期的に眼圧などのチェックをしてもらってください。
コリー眼異常
 コリー眼異常は遺伝的に起こるとされている、網膜、視神経の発達に異常が見られる病気です。軽度の場合が多く、症状はほとんど見られませんが、重度になってしまうと網膜剥離などを引き起こし、視力が失われていきます。最悪の場合は失明してしまいます。先天性の病気ですので、予防は難しいです。確実な治療法も見つかっておらず、治療も困難です。定期的に動物病院で目のチェックをしてもらい、気になる事があったら早めに相談しましょう。
photo by Frankzed

一覧に戻る