ボクサーがかかりやすい病気・ケガ|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

ボクサー

ボクサーの飼い主様や、これから飼うご予定の方のために、ボクサーの特徴や飼い方、かかりやすい病気についてまとめました。
愛犬に最適なペット保険の検討のために、そして何よりも、愛犬との健やかな生活のためにぜひお役立てください。

犬種の特徴

 高い品格を持ち、ご主人様の意向に寄り添って、真心をもって身を捧げる姿から、「誠実と忠実の鑑」と言われることもあります。戦時下には、赤十字の軍用犬として多くの人々を助け、世界で大変評価されました。家族とは愛情深く遊んだりしますが、家族以外には警戒して勇猛果敢に立ち向かうこともあります。警戒すべき・しなくてよい場合を、きちんとしつけることができれば、誠実で忠実な護衛犬として、ご家族を守ってくれるでしょう。

健康で元気な子に育てる飼育法

日常のケア
 太ると腰に負担がかかり、椎間板ヘルニアになると考えられます。体重に合った食事の量を守りましょう。もし、食後に運動をして内臓が揺れてよじれてしまうと、胃捻転になってしまいます。運動後の食事にすれば、胃捻転を防ぐ上に、お腹が空いて美味しく、その後お昼寝できて良いかもしれません。普段は高い品格がありますが、眠るといびきをかくこともあり、癒されるでしょう。ボクサー心筋症・肥大性心筋症は、突然死してしまう可能性もあります。フィラリア・予防注射のとき、聴診も一緒に受ければ、早期発見が期待され、安心して愛犬との時間を楽しめるでしょう。
飼育に適した環境
 ボクサーの散歩は、長い距離を早歩きで行いましょう。食事管理で太らせずに関節の負担を軽減し、運動で関節を支える筋力を増していけば、椎間板ヘルニアを予防しやすくなります。さらに、肉球周りの毛・爪を短く、床にラグを敷くなど滑りにくくして、愛犬の足腰を守りましょう。しつけは、飼い主さんが愛犬の威厳あるリーダーとして、接することから始まります。警戒して向かって行く場合、他の犬のお散歩コースを通って、挨拶から始めて毎日慣れさていけば、改善がみられるかもしれません。きちんとしつければ、誠実で忠実な護衛犬として、ご家族を守ってくれるでしょう。

FPCのフリーペット保険なら!ペット保険で最安クラスの保険料!通院・入院・手術の3つをカバーした充実の補償!

  • ※ FPCのフリーペット保険は全国すべての動物病院に対応しています。

photo by Nic Adler

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。 特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術