ブル・テリアがかかりやすい病気・ケガ|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

ブル・テリア

ブル・テリアの飼い主様や、これから飼うご予定の方のために、ブル・テリアの特徴や飼い方、かかりやすい病気についてまとめました。
愛犬に最適なペット保険の検討のために、そして何よりも、愛犬との健やかな生活のためにぜひお役立てください。

犬種の特徴

 「平成イヌ物語バウ」の主人公として有名で、滑稽・ひょうきんな顔立ちから、マンガ・アニメはもちろん世間からもバカ犬という大変不名誉なイメージを持たれています。顔は創り出されたもので、実際には、ブルドッグのように闘争心にあふれ、テリアのように機敏で、とても賢い猟犬です。力強いアゴを持ち、いたずら好きなところがあるので、充分運動してストレス解消して、きちんとしつけていきましょう。ときどき背伸びをしたりすることもありますが、飼い主さんに愛情深くて献身的な家族になれるでしょう。

健康で元気な子に育てる飼育法

日常のケア
 ブル・テリアは4~5歳のとき、水晶体脱臼の症状が出やすいので、特に気を付けて目のチェックをしてあげましょう。肝硬変の症状が出てきても、分かりにくいことが多いようです。定期検診を受け、軽いうちの早期発見に努めれば、治療も早くて低予算で済むかもしれません。心不全にかかりやすいので、予防注射などのとき聴診してもらって、心不全でないか調べてもらいましょう。前兆が早く分かれば、対策を早く打てるので悪化を遅らせ、愛犬が健康に暮らせるでしょう。
飼育に適した環境
 散歩はもちろん、身も心も思いっ切り使う活動を一緒にできれば、飼い主さん・愛犬の健康増進に加え、互いに絆を深めることができるでしょう。アゴが強力で、なにか噛んでしまうと危険なので、きちんとしつけていきましょう。生後2~6ヶ月くらいの甘噛みは、ゴングなどで遊ばせれば良いでしょう。成犬の噛み癖は、遊んでいるとき噛めば遊ぶのをやめる、突然噛めば犬が嫌いな金属音(空き缶に釘を入れる、鍵を落とすなど)を鳴らせば良いでしょう。もっと良い方法が知りたい方は、専門のトレーナーに相談する方法もあります。

FPCのフリーペット保険なら!ペット保険で最安クラスの保険料!通院・入院・手術の3つをカバーした充実の補償!

  • ※ FPCのフリーペット保険は全国すべての動物病院に対応しています。

photo by Robert Tadlock

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。 特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術