ラブラドール・レトリーバーがかかりやすい病気・ケガ|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

ラブラドール・レトリーバー

ラブラドール・レトリーバーの飼い主様や、これから飼うご予定の方のために、ラブラドール・レトリーバーの特徴や飼い方、かかりやすい病気についてまとめました。
愛犬に最適なペット保険の検討のために、そして何よりも、愛犬との健やかな生活のためにぜひお役立てください。

犬種の特徴

 ラブラドール・レトリバーは、カナダで水中の回収犬として活躍したと言われています。大きな体をしていますがとても優しく、穏やかな性格で、人や犬にも友好的に接する事ができます。多くのラブラドール・レトリバーが警察犬や盲導犬などで活躍してくれており、賢く、従順な犬種です。成犬になると30kgほどになりますので、日々の運動は欠かせません。頭を使う運動が好きですので、協議犬などでも活躍しています。何かを取ってきたりするのも喜ぶでしょう。

健康で元気な子に育てる飼育法

日常のケア
 人や犬と触れ合うのが大好きなので、散歩に喜んで行きます。頭を使った運動も好きですので、物を取ってきたり、泳いだりするのも得意としています。水を弾く、撥水する被毛なので汚れにくいとされており、皮膚トラブルなどがなければ他の犬種よりもシャンプーの頻度は少なくて良いでしょう。短毛ですが抜け毛はありますので、定期的なブラッシングが必要です。また、外耳炎になりやすいので、シャンプー後や泳いだ後の耳の中の水分はしっかり取って予防してあげましょう。
飼育に適した環境
 ラブラドール・レトリバーは関節疾患の多い犬種です。家の中ではフローリングなどの滑りやすい素材を避け、マットなどの滑らない素材で若いうちからケアしてあげましょう。広い庭などのスペースがあるとより良いでしょう。短毛ですが、暑い時期には熱中症になってしまうケースもあり、暑さに比較的弱い犬種です。夏場の空調管理には十分に注意が必要です。小さなお子さんにも優しく接する事ができますので、ご家族でも楽しく過ごせるでしょう。

FPCのフリーペット保険なら!ペット保険で最安クラスの保険料!通院・入院・手術の3つをカバーした充実の補償!

  • ※ FPCのフリーペット保険は全国すべての動物病院に対応しています。

photo by Kevin Rodriguez Ortiz

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。 特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術