ミニチュア・ピンシャーがかかりやすい病気・ケガ|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

ミニチュア・ピンシャー

ミニチュア・ピンシャーの飼い主様や、これから飼うご予定の方のために、ミニチュア・ピンシャーの特徴や飼い方、かかりやすい病気についてまとめました。
愛犬に最適なペット保険の検討のために、そして何よりも、愛犬との健やかな生活のためにぜひお役立てください。

犬種の特徴

 ミニチュア・ピンシャーは通称ミニピンと呼ばれ、ドイツで害虫駆除をして活躍したとされています。動くのが大好きで、とても活発です。小さい体をしていますが体の大きな相手でも立ち向かう、恐れ知らずな一面を持ち合わせています。知らない人や犬への警戒心が強いので、吠え癖などに注意が必要です。賢い犬種とされていますので、教えてあげれば理解してくれつ可能性が高いです。外での運動はそれほど多く必要としませんが、動く事が好きなので喜ぶでしょう。

健康で元気な子に育てる飼育法

日常のケア
 ミニチュア・ピンシャーはケガや関節の疾患にかかりやすい犬種です。負担をかけないためにも、肥満、太りすぎに注意しましょう。とても活発で動くのが大好きなので、散歩も喜びます。それほど多くの運動量は必要としませんので、適度に行ってあげてください。短毛種ですが、抜け毛はありますので、定期的にラバーブラシなどでブラッシングしてあげてください。日本では寒がりな子も多く見られます。家の中と外の気温差に注意してあげましょう。
飼育に適した環境
 とても活発で動き回りますので、家の中の椅子やテーブル、階段など、飛び乗ったり飛び降りたりして骨折してしまう事故が少なくありません。出入りする部屋では高い所に登れないように工夫しましょう。屋根の無いサークルなどだと飛び越える可能性がありますので、屋根のついたゲージを用意すると良いでしょう。吠え癖がつきやすい犬種です。マンションなどの集合住宅の場合はしつけが大切です。暑さには比較的強いですが、日本では寒さに弱い子が多いです。気温差に注意してあげましょう。

FPCのフリーペット保険なら!ペット保険で最安クラスの保険料!通院・入院・手術の3つをカバーした充実の補償!

  • ※ FPCのフリーペット保険は全国すべての動物病院に対応しています。

photo by Robert Engberg

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。 特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術