土佐犬がかかりやすい病気・ケガ|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

土佐犬

土佐犬の飼い主様や、これから飼うご予定の方のために、土佐犬の特徴や飼い方、かかりやすい病気についてまとめました。
愛犬に最適なペット保険の検討のために、そして何よりも、愛犬との健やかな生活のためにぜひお役立てください。

犬種の特徴

 土佐犬は、土佐藩で四国犬をベースに様々な犬種から闘犬のための能力を取出し、つくられました。イギリスなどでは、土佐犬などを危険犬種として規制しています。日本では規制が一部で、ずさんな管理者により、人が襲われ死ぬ事件がおきています。ご主人に従順でも、弱ったところを見せた瞬間、噛み殺してしまいます。突然、飼い主さんご家族や周囲の人々に攻撃してこないよう、いつも必ず服従させなければなりません。かなりの忍耐力・愛情をもって信頼関係を築き、きちんとした服従訓練ができれば、強力な番犬として、飼うことができるかもしれません。

健康で元気な子に育てる飼育法

日常のケア
 コートのお手入れは、最小限で大丈夫です。ただ、よだれが多いので、マメにふくようにすれば、お部屋掃除の手間も減るかもしれません。3歳になるまでは、膣過形成で膣がはみ出ていないか、ときどきおしりをチェックしてあげられると良いですね。急に大きく成長させてしまうと、関節炎、ひじ関節の異常形成をおこしてしまうかもしれません。愛犬の体重にあった食事の量にして、そのときどきの理想体重に近づけるように成長させていきましょう。
飼育に適した環境
 お散歩は、口輪・リード必須で、人通りが少ない時間に、落ち着いてゆっくり行きましょう。闘犬として完成され、人を殺す力をも持っている土佐犬です。攻撃的になることすら完全に服従させなければならないので、訓練士に出した方が良いかもしれません。そのとき、飼い主さんも一緒に訓練を受け、家でも続けていきましょう。飼い主さんも愛犬に一番あった方法を考えて勉強し、愛犬と共に育っていきましょう。

FPCのフリーペット保険なら!ペット保険で最安クラスの保険料!通院・入院・手術の3つをカバーした充実の補償!

  • ※ FPCのフリーペット保険は全国すべての動物病院に対応しています。
※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。 特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術