黄色脂肪症 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

黄色脂肪症

症状
腹部や胸部にたまった脂肪が酸化して炎症を起こした状態で、イエローファットや汎脂肪組織炎とも呼ばれます。発熱や食欲不振、毛ツヤが悪くなるなどの症状が表れ、痛みを伴うためお腹を触られるのを極端に嫌がるようになったり、ぎこちない歩き方をしたりします。進行すると下腹部にごつごつしたしこりができ、しこり自体が熱を持つようになります。
原因
ビタミンEの摂取不足が原因です。マグロやアジ、サバやカツオなどの青魚を摂取した場合、それに含まれる不飽和脂肪酸が酸化することで体内のビタミンEが破壊されるため、青魚の過剰摂取が原因と考えられます。またまれに基礎疾患の影響で発症する場合があります。
治療方法・対策
食餌の改善とビタミンE剤の投与を行います。市販のキャットフードの総合栄養食には抗酸化剤と適切な栄養素が含まれるため、魚類を与えるのをやめて総合栄養食へ切り替えることで、症状は改善されると考えられます。合わせて欠乏しているビタミンEを補います。また症状を軽減させるための対症療法として抗炎症剤などの投与が行われます。日頃から栄養バランスを考えた食餌を与えることで予防できます。

他のその他の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術