鉤虫症 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

鉤虫症

猫の鉤虫症とは

鉤虫(こうちゅう)とは、消化管内寄生虫で、猫に寄生します。


なお、鉤虫は犬にも寄生し、猫では猫鉤虫、犬では犬鉤虫が寄生します。
猫鉤虫の虫体や虫卵の形態は、犬鉤虫とよく似通っています。


猫鉤虫の虫卵の大きさは、約65×40 μmほどで、肉眼で確認することができません。
透明の薄い卵殻を持つ楕円形の虫卵で、犬鉤虫の虫卵と判別は非常に難しいです。


猫鉤虫の成虫は、体長が1~1.5 cmほどで、口にかぎ状の歯のようなものがあることが特徴的です。


最終的に宿主の小腸の粘膜にかみついて寄生します。

猫の鉤虫症の症状

鉤虫は小腸に寄生し、粘膜にかみついて吸血します。


そのため、貧血や消化器障害が起こります。
重度感染した猫では、貧血などで命が脅かされることもあります。


軽度の鉤虫症では、症状はほとんど現れません。


猫の鉤虫症の症状は以下のようなものがあります。

<鉤虫症の症状>

・貧血
・体重減少
・食欲低下
など

猫の鉤虫症の原因

猫の鉤虫の感染経路は、経皮感染、経口感染が挙げられます。


鉤虫は糞便中に虫卵が排泄されると、土壌中で成長します。
通常、7~10日かけて、感染可能な段階の幼虫になります。


経皮感染とは、感染幼虫が皮膚を通して体内に侵入し、感染します。


経皮感染では、皮膚の中にもぐりこみ、血流に乗ります。
それから肝臓、心臓、肺、気管の順に移動し、気管から食道、胃内へと到達します。
そして、最終的に小腸で寄生します。


経口感染は、感染幼虫が口から入る経路です。
口から入った感染幼虫は、宿主の胃や小腸上部にとどまり、成虫にまで成長します。
その後、小腸に侵入しなおし、粘膜にかみついて吸血します。


ネズミの中で鉤虫が感染幼虫に成長し、それを食べた猫が鉤虫症に感染することもあります。


鉤虫症は糞便検査を行い、虫卵を検出します。


鉤虫卵を検出する糞便検査として、主に浮遊法が挙げられます。


通常、簡易的に行われる糞便検査は、直接法といって、少量の糞便をそのままスライド(ガラス板)上で少量の生理食塩水と混ぜ、顕微鏡で観察します。


浮遊法では、飽和食塩水や試験管などを使用して、虫卵を浮かせ観察します。
軽い虫卵の検出には、浮遊法が適しており、鉤虫卵の虫卵も軽めなので、浮遊法が使用されます。


使用する糞便量も直接法に比べ多いので、検出率が上がります。


ただ、鉤虫に感染していても、糞便検査で検出されないこともあり、日を改めて複数回検査が行われることもあります。


さらに、貧血や食欲不振などがある場合には、他の大きな病気が隠れている恐れもあるので、血液検査など必要な検査が行われます。

猫の鉤虫症の予防方法

同居猫が感染していない限り、感染するとすれば、屋外である可能性が高いので、室内飼育が感染機会を減らすことになるかもしれません。


保護した猫を飼育するときや屋外に出る猫では、糞便検査を行い、鉤虫も含め他の寄生虫がいないか検査をすることが大切です。


また、いつもと違う様子が見られたら、動物病院に連れて行きましょう。

猫が鉤虫症になってしまったら

猫が鉤虫症になったら、鉤虫に対する駆虫薬を投与します。


投与した後にしっかり効いているかどうか、再度診察で糞便検査を行い、確認することもあります。


重度感染で、貧血や消化器症状がみられた場合は、鉤虫の駆除を行いながら、それぞれの症状に対する治療を行います。


おかしい様子があれば、診察を受けましょう。

他の寄生虫病の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術